【知らないと汚肌に!】アンチエイジングのスキンケアと化粧品選び

【知らないと汚肌に!】アンチエイジングのスキンケアと化粧品選びのポイント

【知らないと汚肌に!】アンチエイジングのスキンケアと化粧品選び

 

アンチエイジングスキンケアについて

 

アラサーになると多くの女性が肌の異変を感じるのではないでしょうか?20代の頃には寝ればすぐに肌の調子が回復したのに、肌のが乾燥が続いたりくすみが取れなかったり。このような肌のちょっとした変化から、たるみやシワ、毛穴が気になり始めたらそれは肌老化の始まりかもしれません。

 

肌老化を食い止めようとネットで検索したり、肌のキレイな友達に聞いてみたり、美容雑誌を読んでいると必ず「日々のスキンケアが大切」ということが分かります。毎日のスキンケアがアンチエイジングにつながり、肌老化の進行が遅くなるようです。

 

中でも大切なのが洗顔と保湿ですね。洗顔は肌の汚れを落とすだけだから、どんな化粧品でもいいと思うのは間違いです。洗顔フォームもしっかりと選んで使用しましょうね。

 

洗顔の方法

 

【知らないと汚肌に!】アンチエイジングのスキンケアと化粧品選び

 

エイジングが気になる肌に洗浄力が強すぎる洗顔フォームはNGです。必要な皮脂まで落としてしまい、肌の油分と水分のバランスが崩れてしまうからです。皮脂を落としすぎないマイルドな洗顔料を使ってください。

 

洗うときには泡立てネットを使って細かい泡をたくさん作ってください。ネットは100均のもので十分です。手で作る泡とは全然泡立ちが違うので泡立てネットを活用してくださいね!キメが細かく、コシのあるしっかりとした細かい泡で、優しく包み込むように洗ってください。決して力を入れてはいけません。

 

力を入れてゴシゴシ洗う方が汚れが落ちているような気がしますが、肌を痛めているだけです。泡で肌を包むだけでも十分に汚れは落ちます。洗顔あとは肌がツッパリすぎない洗顔料を選ぶようにしてくださいね。

 

しっとりとした潤いがキープできる洗顔料がアンチエイジングには大切です。洗顔後はアンチエイジング用の化粧水でしっかりと保湿しましょう。

 

アンチエイジングと化粧品に関して

 

【知らないと汚肌に!】アンチエイジングのスキンケアと化粧品選び

 

化粧品を使用することで肌が老けていくと聞いたことはありますか?私はこの考えに賛成できません。自分の肌質に合っていない化粧品を使って、肌がボロボロになることがあるかもしれませんね。

 

でも、それは老化とはまた違います。化粧は女性を美しくしてくれるものであって、老化を促すものではありません。

 

アンチエイジングのためには化粧は必須です。100歩譲ってファンデーションは無しでも良いかもしれませんが、紫外線対策は絶対に行う方が良いです。夏だけでなく、年中を通して日焼け止めやUVカットの化粧下地などを使うようにしましょう。ファンデーションを使わない人はUV入りの乳液を使ってもいいですね。

 

化粧品には紫外線をカットする機能的な役割と同時に、肌をキレイに見せてくれる美肌効果も望めます。粉をはたくだけでパッと顔色が明るくなって、ツヤが出ますよね。乾燥を防いでくれたりオイルコントロールをして、肌のてかりを防ぐ役割もあります。くすみやシワを隠したり、肌質をキレイに見せることができるのは化粧の醍醐味ですよね。

 

化粧に無頓着な人がいる一方で、化粧しないと外出できない人もいます。人それぞれですが、女性に生まれたからには化粧を楽しめる方が人生が豊かになるような気がします。季節や気分によって、洋服を変えるようにメイクも変えることができるのは女性はらではの楽しみです。

 

高齢者の介護や入院患者の方にメイクをする、メイクセラピーを取り入れる病院や介護施設が増えているようです。化粧をすることによって気分が良くなり、心理状態も上がって笑顔になるそうです。

 

化粧品を同じラインで揃えないと効果を発揮しないと思いがちですが、特に同じラインで揃える必要はありません。使い心地や香り、テクスチャなどによってどんどん変えていきましょう。こんなにたくさんのブランドがあるので、色々と試すのも楽しいですよね。

 

ただし、つける順番を間違えると効果がない場合もあるので気を付けてくださいね。基本的にサラっとした水溶性の化粧水などを使った後に、こってりとした油系のクリームなどを使用すれば大丈夫です。油分の多いものを後に使ってくださいね。

 

悩み別の化粧品選びのポイントについて

 

肌の悩みは人それぞれですよね。それぞれの悩みに応じたアンチエイジング化粧品がたくさん発売されています。たくさんの種類があって悩みますが、自分に合った化粧品の選び方のポイントを押さえておけば大丈夫です。

 

先ず最初は乾燥肌の場合。年齢肌になってくると、どうしても乾燥しがちになりますよね。オイリー肌であっても、目元や口元だけ乾燥する人も多いです。こんな場合はアスタキサンチンやコラーゲン、セラミドなどの保湿成分が配合されている化粧品を選んでください。肌の奥にまでしっかりと浸透してくれる低分子化されたものを選ぶとさらにベターです。

 

【知らないと汚肌に!】アンチエイジングのスキンケアと化粧品選び

 

次に化粧のノリが悪くなってきた場合。これも保湿が原因ですが、さらにハリを改善できる化粧品を選ぶと良いでしょう。その為にはコラーゲン入りの化粧品がおすすめです。コラーゲンで真皮をしっかりと保湿して、肌のハリを取り戻していきましょう。

 

シミやくすみが気になる場合。加齢によるターンオーバーの低下が原因で、メラニンが肌に居座ったままの状態です。たっぷりと保湿することによってターンオーバーを促進し、メラニンを抱えた分厚い角質を排出していきましょう。

 

保湿成分に加えて、美白成分の入ったアンチエイジング化粧品がおすすめです。ハイドロキノンや高濃度ビタミンCが入った化粧品はシミの元になるメラニンを白く還元してくれます。透き通るような白い肌に生まれ変わりましょう。

 

全ての肌トラブルの原因となるのは乾燥です。しっかりと保湿をすればどんな肌トラブルも怖くありません。

 

アンチエイジングの化粧品の使用開始時期に関して

 

アンチエイジングの化粧品を使い始めることに抵抗を感じてしまう若い女性が多いようです。でも、ずっと美しい肌でいるためには若い頃からのスキンケアが大切です。肌の手入れをサボっていると、後になって後悔することになりかねないからです。

 

アンチエイジング化粧品の使用開始時期はいつが良いのでしょうか?20代からの使用は早すぎます。なぜなら20代には肌の基礎体力が十分にあるので、ヘタに化粧品で補うと逆に刺激となってしまうからです。

 

20代の肌のお手入れで気を付けることは3つです

 

保湿ケア

1つはしっかりと保湿ケアすること。乾燥は全ての肌トラブルにつながっていきます。

 

UVケア

2つ目は年中を通してUVケアをすること。紫外線もまた、全ての肌トラブルの原因となるので、たとえ外出しない日でもUVクリームを塗ってください。

 

洗顔

3つ目はしっかりと洗顔すること。メイクを落とさずに寝てしまうなんてとんでもありません。肌の状態をいつも清潔に保ち、毛穴のつまりを予防しましょう。

 

20代はこの3つのスキンケアで十分です。これらをしっかりと行うことによって肌トラブルのない、健やかで強い肌を作ることができます。

 

アンチエイジングの化粧品は30代に入ってから使い始めましょう。この頃になるとコラーゲンが減少し、肌のハリと弾力をキープするのが難しくなってきます。それを補ってくれるのがアンチエイジングの化粧品です。肌の表面だけでなく、角質層にまでしっかりと届く化粧品を選ぶようにしてください。

 

アンチエイジング化粧品の選び方について

 

アンチエイジング化粧品を選ぶときの基準は、肌トラブルに合わせて選ぶことがポイントです。若いころであれば万人受けするノーマルな化粧品で十分ですが、年齢肌にはトラブルに合う化粧品を選んでいきましょう。

 

アンチエイジングのポイントはセラミドです。このセラミドは肌の角質バリアを作っている成分のことで、肌に潤いとハリを与えてくれます。残念なことに年齢と共にセラミドが少なくなってくるので、化粧品で補う必要があります。

 

【知らないと汚肌に!】アンチエイジングのスキンケアと化粧品選び

出典:http://www.natyucera.jp/natyuceracream/

 

特に乾燥肌の方はセラミドが少ないので、積極的にセラミド入りの化粧品を選ぶようにしてください。セラミド入りの化粧品は高額なものが多いのですが、年齢肌には必要な美容成分です。

 

セラミドよりも価格が安くて、手が出しやすいのがコラーゲン入りの化粧品です。コラーゲンも肌い潤いとハリを与えてくれる大切な成分で、年齢と共に減っていくので化粧品で補うと良いでしょう。

 

ただ、コラーゲンは分子が大きいのでそのままでは肌に吸収されにくいのが特徴です。微粒子のナノ化されたコラーゲン配合の化粧品を選ぶと肌の奥まで潤いが届きます。複数のコラーゲンが配合されている化粧品も良いですね。

 

さらに上をいくアンチエイジングはEGFの入った化粧品です。グロースファクターと呼ばれており、細胞の成長を促進させる働きがあります。再生医療として皮膚移植や肌の再生で注目されている技術で、このEGFが入った化粧品で肌細胞を活性化させることができます。アンチエイジングとしていま美容業界で大注目の成分です。

 

アンチエイジング化粧品の種類について

 

【知らないと汚肌に!】アンチエイジングのスキンケアと化粧品選び

 

アンチエイジング化粧品で最も重要なのは保湿です。肌の保湿力を上げてくれるのはなんといっても「セラミド」です。セラミド入りの化粧品を選べば保湿は間違いありません。

 

基礎化粧品には使う順番がありますよね。洗顔の後は化粧水をつけて、次に美容液、そして乳液、美容クリームで仕上げです。

 

洗顔の後は真っ先に化粧水で保湿することがポイント

洗顔で流れ落ちてしまった肌の潤いを取り戻すためです。1秒でも早く化粧水をつけて肌に潤いを与えることがアンチエイジングになります。セラミド入りの化粧水は肌のバリア機能を高め、乾燥や外部ダメージに強い肌にしてくれます。

 

アンチエイジングにおいて、1番重要なのは化粧水ではなく実は「美容液」

化粧水よりも美容液にお金をかける方が良いと、プロの美容家も口を揃えて言っています。なぜなら美容液は美容成分がぎゅっと凝縮されているので、肌の変化を実感しやすいからです。

 

高い化粧水を少し使うよりも安い化粧水をケチらずたくさん使って、美容液で美容成分を補給する方が良いんだとか。アンチエイジング化粧品を選ぶには、美容液にこだわってください。

 

目元にはさらに美容成分が凝縮されたエッセンスが良いですね。米粒1つぐらいの大きさで、目元にハリが蘇ります。高濃度ですので加齢や乾燥などの年齢肌に応えてくれます。

 

忙しい人にはオールインワンジェルがお勧めです。たくさんの種類のオールインワンジェルが出ていますが、美白用や保湿用、アンチエイジング用など用途別に選んでください。これ1つで基礎化粧品をカバーできるので、時短と節約になります。旅行やジムにも手軽で便利ですよ。

 

オールインワンジェルといえば、最近注目しているのが、シミウス・ホワイトニングリフトケアジェルです。
このジェルの詳細については実際に使っている方のこちらのサイトが参考になります!

>>ホワイトニングリフトケアジェル口コミ効果.net<<

更新履歴